猫と貧乏のワンルーム絵日記。
● とりあえず退院。●
□130: とりあえず退院。
● いろんな意味で泣ける。

● 朝一番に病院から電話があり
 「なに!?容体悪化!?」
 とあわてて電話に出たら「大丈夫なんで迎えに来て」の連絡でした。

● 「入院必要ないかも?」のわりにしっかり処置をして下さったようで
 点滴2回に注射2本を2回。そのタイミングの関係で夕方に行って、
 ちょっと先生と話して小ライさん連れてきてもらったら
 即わきの下に顔を埋めて「もうかえる~…かえる~…」コール。
 こっちも涙が出てしまって「うん、もう帰ろ、帰ろ」と繰り返してました。

● 色々先生に聞いたんですが、まず
 固いもの・長いもの・尖ったものを誤飲した場合、安易に家で吐かせるのは危険だと。
 食道に刺さったり突き破ったりすると取り返しがつかないそうです。
 今回運よく吐いてくれたので一番ダメージの少ない結果になったけど、
 固い大きな物が入ってる可能性があれば怖くて吐かせられない、
 病院ならまず胃を開いて取り出します、と言われました。
 …危うく大惨事だったようです。本当に上手く吐いてくれて良かった…。
 
 猫はラップや発砲スチロール(こういう物だとまず吐かせる)
 犬は焼き鳥を串ごと…なんて例が多いそう。
 どちらにしろ誤食したら一刻も早く病院、ですね。

● あとは誤食の傾向がある子への対策ですが、
 危ないものを排除する以外あまり方法が無いそうです。
 空腹時に誤食の傾向が強い場合が多いので、食事を小分けにして回数を増やす、
 それでも空腹感があるようなら肥満用の療法食にするという手段も。
 市販の体重管理フードよりさらにかさがあり、お腹で膨らんで満腹感が。
 (もらったサンプルはロイヤルカナンでした。落ち着いたらあげてみようと思います。)


● 点滴2回打ったので、当分食欲無くても大丈夫との事。
 帰り際に二度目の消炎剤と吐き気止めを念の為打って
 「投薬の必要はないでしょう」とそのまま帰されました。

● で、病院から出た30分後にまた電話が!
 「なに!?やっぱり再入院!?点滴?注射?薬!?」
 と慌てて電話に出たら

 「カード忘れてますw」

 …支払いしたまま受付に置いてきたらしい。
 家の小ライさんを心配しつつ取りに行って、帰りに車に轢かれかけましたw
 どんだけ焦ってたんだ自分。

● 小ライさんは帰宅→トイレ→即就寝。
 食欲は無いようです。病院で緊張して寝られなかったのかな…。
 こんな時に人間まで倒れるわけには…と、自分は無理して食べてますが
 正直石を噛むようです。…もう本当申し訳なくて。
 慌てずに回復を待とうと思います。


● 一連の事を記事にするかどうか、
 いつものイラストを付けるかどうか本当に迷ったんですが
 誤飲は怖いんだよ、というのが一人でも多くの方の目に留まれば。
 と、自戒も込めて書きました。

 小ライさんの回復を待ちつつ通常更新に戻ろうかと思います。長々すみません。
スポンサーサイト



● 緊急入院。●
□127: 緊急入院。
● 小ライさん一日入院です。

● もう読んでる皆様に怒られるの覚悟でありのままを書きますが…

 小ライさんが明朝、どこから探し出して来たのかネズミのオモチャを誤飲。
 直後に目を覚まし気づいたのですが、すでに時遅く完食後。
 病院が開くのもかなり先、という時間で自分で応急処置。
 速攻吐かせて、幸い飲んだ物は全部出たんですが
 朝になっても調子が悪そうで病院に電話して開院前に連れて行きました。

● 先生に改めて吐いた内容物を確認してもらい、
 「全部出てるのでそんな大騒ぎするような状態じゃないけど」
 と言われつつも、食道が多少傷ついている可能性もあるので
 念の為点滴&抗生剤&一泊で様子を見ましょうと言われました。
 (先生は入院いらないかなぁ~という反応だったのですが、
 貧乏さんが半泣きで駆け込んだため大事をとった感じ。)


● もう本当に行きは半泣き、帰りはマジ泣きしながら戻りました。
 もっとちゃんと人間が気を付けてれば防げた事故だし、
 体調が万全だったら食べちゃう前に目覚めて異変に気付けたかもしれないし、
 とっさに応急処置で吐かせたけど本当に最善策だったのか。
 苦しそうにえずいてる間、謝りながら背中を撫で続けてました。

 獣医さんには「いつもの熱烈なバリアーやお別れはしなくていいの?」
 みたいな顔で見られましたがw
 正直もう小ライさんに申し訳なさ過ぎて、触れるのもためらう感じでした。
 …ちゃんと一泊で帰れるって説明して、しっかり別れるべきだったかも。
 不安にさせたかもしれないな…。


● ちなみにネズミの誤飲、ネットでは類似例もいくつか見かけますが、
 病院の方では「こういうの食べちゃうのは本当珍しいね」と言われました。
 美味しい匂いのついたラップとか袋とか、そういうのはあるそうですが
 食べ物臭がしない物を食べる子は珍しいのだとか。
 …多分野良時代、空腹でなんでも食べてた習慣の名残なのかなと。

● それにしても…、年に数度、大掃除&模様替えをするし
 ずっとネズミは使い終わったら引き出しに入れて管理してたんですが…
 どっから出てきたんだろうアレ…。とりあえずストックは全部捨てました。
 まだ死角があるのかな…気を付けないと。

● 小ライさんがいないのって去勢手術以来なんですよね…。
 無人の部屋に「ただいま」を言ってまたちょっと泣きました。
 明日お迎えに行ってきます。
● もーにんぐあったく。●
86:意外と元気です。01
86:意外と元気です。02
● おまたせしました。

● というわけで歯の移植をしてまいりました。日帰り手術です。
 しっかりCT撮って骨けずって埋め込む、ほぼインプラントでした。
 以下、今回歯医者で仕入れてきた話。

・親知らずが虫歯でも使える場合がある。
・患部の歯と親知らずと抜歯・移植を同時にやらないと保険適用外。
・持つ目安は5年。(もっと長期間使える期待もできる)
・CTは保険適用外。

● あくまでやむおえない処置だそうです。
 インプラントも一生ものじゃないし、ブリッジは両脇の健康な歯を削るし、
 どうせ親知らず虫歯になってるし…ということで今回選択。

● 術後は前の歯医者で抜かれた親知らずに比べて格段に痛くなかった!
 んですが、術中麻酔が切れてジタバタしたりw
 ちょっと食べられない間に体力が切れてしまったのか体調くずしてました。

● で、その間にまた連鎖してソフトとペンタブが動かなくなり、
 もう買ったんですよ新しいの。ソフトはどうにもなんないけども。

 そしたら翌日ビュンビュンカーソル動きやがんの

 …もう注文しちゃったよ!バカ!
 とか思いながらまだ旧ペンタブ使ってますw
 ソフトは相変わらず遅延がヒドイです。
 背後には新品未開封の箱があります。
 どうしようこれ。

● まだ糸取れなくて本調子じゃないんですが、徐々に復活したいと思います。
 またゆるゆる時々おつきあい頂ければ幸いです。
● 人力バリアー。●
□128: ぼうぎょたいせい。
● 全力のぼうぎょたいせい。

● 毎回この調子なので獣医さんになんだか可哀想なものを見る目を向けられます。
 猫をリアルに「さん」付けで呼んでるのも珍しいらしい。
 小ライさんにとって防御になってるのかどうかは微妙ですw

● 自分が抜歯に向けて大分落ち込んでいたので、
 「事前に察知させない方が精神的負担が無いかも…?」
 と今回キャリーやネットの慣らしをナシにしてみたんですが
 (いつもは一週間前から出しっぱなしにしておく)

 ・キャリーに入れるまでの抵抗が激しい。行きも大騒ぎ。
 ・病院では例年の聞いた事もない一声、ではなくフツーにギャーギャー。
 ・帰ってきてからの通常復帰は早め。

 何とも言えない結果に。毎年なので、そろそろ慣れもあるんでしょうけども。



● 抜歯を前にあれこれ片づけてバタバタしてました。
 今日抜いてきます。(というか移植です。落ち着いたらくわしく。)
 しばらく不定期になると思います…。

 うう、ホントやだ…。こわいよー…。 
● ストッキング芸人。●
□127:ストッキング芸人。
● または銀行強盗。

● ちょっと遅ればせながら先日予防接種に行ってきました。
 去年は大福形態での脱走でしたが
 今年は抵抗激しくストッキングかぶった芸人形態に。

 ああ、動物もこのテのもので顔を引っ張られるとすごい表情になるんだな…
 と、妙に感心しながらキャリーに押し戻しましたw
 なんか別の生き物のようだった…カワウソとか。


● 体重は200gダウン(体格が小さいのに去年増えすぎ、今で丁度いいとのこと)
 ちなみに今回仕入れてきた話は

 ・「毎年予防接種を同じ場所にしてるとしこりが出来る」みたいな話があるが
  3種はほとんど心配ナシ。7種とかだとそういう成分も。
 ・歯のみぞの黒線は歯石のようなもの。軽いうちなら歯ブラシで落ちる。
  ブラシはペット用のでも人間用のでも良いが、取り回しにくさは一緒。
 ・猫ニキビ(下あごの黒いツブツブ)も歯ブラシで梳くようにこすると良い。


● ちょっと前歯に黒い線が入りだしたのが気になってたんですが、
 全然キレイな方と言ってもらいました。

 時々口の外から歯茎をマッサージしたり(噛まれる)
 前歯を濡れコットンで拭いたり(ブラシの方が良いそう)
 主食がドライフードだったりオーラルケアのオヤツ食べてたり
 段ボール食い千切ったりネズミに麻ヒモ巻いたりしてたのが地味に効いてるのかも。
 前歯の黒線も歯ブラシでほぼ消えました。
(歯間ブラシが使いやすかったです。歯ブラシなら柔らかいのが良いのかも。)


● 歯の汚れはヒドイ場合、きちんと機械で取らなきゃいけないそうで…
 自分が気づいたらボロボロだっただけにw、小ライさんは気を付けててあげたいなぁ。
● とったどー!●
□126:スマホ
● 100均で可愛いイヤホンジャックをゲット。


□126:獲ったどー!
即 撤 去 。


● カバーは色々迷って木製ケースの側面だけのヤツバンパーケースに。
 本体に熱がこもると電池が減りやすいと聞いたので。
 飽きたら背面自作すれば良いし面白いかなぁと。
 なかなか木の異素材感が良い感じです。手になじむ。

● イヤホンジャックはバラして別の飾りを作ろうかと思います.
 ファーは小ライさんのおもちゃになりましたw
● ゴロゴロわけて。●
□125:ごろごろわけて。
● 家猫はほんとうに大変そうです。

● ネコのゴロゴロは一説によると治癒効果を高める働きがあるそうです。
 わけてくれとすり寄っては逃げられていましたw

● あとは早く治したい一心で亜鉛のサプリを飲んでました。
 年配男性用のサプリだと思ってたんですがw、傷の治りや免疫にも関係があるそう。
 値段的にも安くて手が出しやすいです。

 早く完治すると良いんですが…
● もふむひでふ。●
85:もふむひでふ。0185:もふむひでふ。02
● 猫がいて本当によかったと思う瞬間。

● 一人だったらどう耐えてただろうか…。
 抜いたのが見当違いの歯で状況は良くならず(歯医者は変えました。)
 実はまだ傾いてご飯食べてますw


● そんなわけで何とかソフト動きました。なんとか。
 描画線が画面に反映されない(プレビューには描画されてるのに)という
 遅延というかバグがどうやっても直らなくて
 ウンザリしてもう一時パソコンに触る気もしませんでした。

 使用メモリを増やし重めの機能を全て切ってもダメで、
 こうなったら全体を軽量化しようと
 いらないソフトや重いアンチウイルスソフトを入れ替え整理。
 他のところをいじってるうちに、いつの間にか線が描画されるように。

 よかった…。でも原因がわからないし、まだ書き味がふわっとしてる。(やや遅延?)

● 前よりCPUもメモリもグレードアップしてるのに、
 正直動作が良くなった気が全然しません。どういうことなの…


● もうちょいバタバタしそうですが、更新はいつも通りに戻したい気持ち。
 長らく留守にしてすみません。
 またゆるゆるお付き合いいただけるとありがたいです。
● 思わずえんりょ。●
□123:思わずえんりょ。
● もう歯医者こわい。

● 親知らずを抜いたんですが、いろいろあって途中で先生交代一時間に及ぶ大手術に。
 そんだけ口の中いじられると抜歯の疲労とショックがすさまじく
 しばらく本当に何も手につきませんでした。
 小ライさんも遠巻きに様子をうかがう異常事態。

● もう絶対ギリギリまで抜くなんて言わない
 親知らずを早めに抜こうって言うのは歯医者さんの金儲けなのかなーと疑いたくなります…

 ここんとこずっとカロリーメイト缶に頼りっきりです。食欲も湧かない。
 ネットの評判もアテになりませんね…。良い歯医者って足で探すしかないのかなぁ。


● そしてこの抜歯の間に自転車と靴が壊れました。
 毎度すさまじい故障の連鎖w

● 痛みで夜起きるたびにちょこちょこ描いてるんで、もうちょっと待ってください。
 ううう、痛いよぅ…。
● しりならゆるす。●
□122:しりならゆるす。
● びみょうなやさしさ。

● 風邪と歯痛が一度に来て寝込んでました。やや回復。

● 小ライさんは歯痛と生理痛は不調と分かるようで
 痛いところに寄り添って寝てくれるんですが(ただしケツ
 風邪はたくさん添い寝する楽しいイベントです。

● 何が違うんだろうと寝込みながら考えてたんですが、ちょっと分かった。
 多分『痛み』を不調だと判断してるんだ。
 だからゲロはうなり声なのか…。自分も時々するくせに。

● 今回は錠剤の葛根湯大活躍です。
 粉よりコスパ良いので買ってみたんですが、ちゃんと体があったまる。

● 貧乏さん、基本的に風邪は薬を飲みません。
 栄養とって着込んで漢方と水飲んで、体温上げて頭だけ冷やして寝て、
 汗かいたら即着替えて…の繰り返し。
 仕事に出る時だけ症状をおさえる為に使うけど。

● 熱や鼻水が出るのにはちゃんと理由があって、実は抑えない方が長引かないなー
 …という実感からいつの間にか薬はあんまり使わなくなりました。
 ただこれ、体力のある成人でないとかえって弱ってしまうので注意。
 あと万が一風邪じゃなかった時が怖いので、3日回復の気配が無いと病院行きますw

● 今回は風邪はともかく歯がなぁ。
 季節の変わり目に弱らない体が欲しい…。
© 六畳一間に小ライオン. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG