猫と貧乏のワンルーム絵日記。
● 自作あずきフェイスマスク1。●
レシピメモ:あずきマスク00

● そんなわけで自作あずきのチカラの作り方です。
 ハーブ入りあずきピローで目から頬までを覆います。
 洗えるカバーつきが目標ですが、まずは中身から。


【材料】

小豆…250gくらい
布地(綿など薄いもの)…25~30cm角×2枚
ドライハーブ…10g(あれば)


● あとはチャコペン(布に線描くヤツね)があると便利です。

【作り方】
レシピメモ:あずきマスク01
① 型紙を作る。

● 顔に合わせて型紙を作ります。
 眉上~頬をちゃんと覆えればOK。
 実際にあずきを入れると高さが出るので、
 型紙より周囲が1cm縮みます。
 がっつり包みたい方は大きめが良いかも。
レシピメモ:あずきマスク02

② 布を切る。

● 布の表が内側になるよう2枚重ね。
 型紙を固定、5mm外側を切ります。
 生地は伸縮性が無く、しなやかで薄い布
 が良いです。とくに顔面側。
 今回は薄ーい古着を切って使用。
レシピメモ:あずきマスク03
③ 縫う。

● 上部を2cmほど残して外周を縫います。
 手縫いで出来ますがミシンがラクです。
 穴から生地をひっくり返します。
レシピメモ:あずきマスク04
④ 具を入れる。

● 左右に片寄りを防ぐ縫い目を入れ、
 あずきと好みのハーブを穴から詰めます。

● 具はパンパンに入れすぎない事。
 自分の作った型紙は大体22cm×17cm、
 あずき250gとハーブでちょうどでした。
レシピメモ:あずきマスク05
⑤ 口を縫う。

● 豆の入り口を表から縫います。
 (内袋なのでキレイじゃなくてOK)
 さらに鼻筋部分に縫い目を入れます。
 1cmくらい下に隙間を残すと良いです。
 完成です。

● このままレンジ30~40秒(600Wの場合)で使えます。
 ほどよく重くてあったか~い効果が10分ほど続きます。
 で、使ったら最低4時間休ませる
 これでくり返し使えるようです。



● で、作ってから思ったんですけどカバーを作るなら
 ハーブは別の小袋に入れて取り替え式にした方が良さそうです。

● 今回手元にあったレモングラスストロベリーリーフを入れてみましたが
 正直失敗でした
 ちょっと防虫剤っぽいし目が冴えるんですよ。寝る前に使うのに…

ラベンダー。
カモミール。
ローズペタル

ラベンダーカモミールが無難でオススメです。
 次自作するならバニラビーンズオレンジピールローズペタルも良いかなと。

● ま、アロマオイル垂らしちゃうのが一番カンタンかも。
 ネコ居るお家はアロマダメですけども。


● 続いてカワイイカバーも作ります!ネコカバー!
スポンサーサイト



© 六畳一間に小ライオン. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG