猫と貧乏のワンルーム絵日記。
● 震災時のマンガ2。●
震災時の話1のつづき。
69:震災時の話2。01
69:震災時の話2。02


● 緊急時に発揮される貧乏性。

● 揺れてる間、時間を持て余してたのが印象に残ってます。

● 本当に小ライさんが安全圏に逃げたのを見てスーっと冷めてしまい
 レンジを押さえながら揺れ終わったら用意する物とか考えてましたw

● 猫以外、これといって気にするものが思い浮かばなかったんですよね。
 猫の相方としては合格でも、人間としてはなかなかつまらない気もする…。

 というか冷静なようでどうでもいい事を片付けてますねw
© 六畳一間に小ライオン. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG