猫と貧乏のワンルーム絵日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
● けんたいきの音程。●
□112:けんたいきの音程。

● これが聞こえると席を立って撫でねばなりません。

● 最近、小ライさんはまるで倦怠期の彼女が彼氏に呼ぶように、

 「ね~え、聞いてる?

 の完全に「ね~え」の音程で貧乏さんを呼びますw


● 元々お返事ネコではあるんだけど、
 やっぱり人間と一対一で暮らしてると喋るっぽくなるのかなぁ。
 たまにドキっとするような抑揚のある声を出すのでビビリます。

● というか、そもそも飼い猫は人と暮らすうちに
 赤ちゃんの声を真似て今の鳴き声になった。
 みたいな話をどっかで読んだなぁ。真偽は不明ですが。

 ネコが20年生きたら二本足で歩いて人間の言葉を喋る、
 …っていう猫又伝説もなんか分かるなぁw ありそうで怖い。

● ちなみになぜ手近に台があるかというと
 あらゆる所に手の届かない貧乏さん用の踏み台です。
 …みんな一度縮んでみるがいい。
© 六畳一間に小ライオン. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。